復縁に冷却期間がいらないこともある!あなたの復縁に冷却期間は必要か?

復縁に冷却期間がいらないこともあるアイキャッチ

復縁には冷却期間が必要!とよく言われていますよね。

ウラ子

女神様、復縁の冷却期間って必ず取らないといけないんですか?

女神

いえ、場合によっては冷却期間を置かなくても復縁を進めてよいケースもあるんですよ。

あなたも、

「彼との復縁に冷却期間って必要なの?」

と悩んでいませんか?

ここでは、復縁に冷却期間がいらないケースについて詳しく解説していきますので、よければ参考にしてみてください。

復縁の冷却期間がいらない5つのケース

では、早速復縁の冷却期間がいらないケースを紹介していきます。

私が考える復縁の冷却期間がいらないケースというのは下記の5つになります。

  1. 普段はしない喧嘩で別れた場合
  2. 喧嘩もなく円満に別れた場合
  3. 彼から連絡がきた場合
  4. 自分から彼を振った場合
  5. 彼が彼女とうまくいっていない場合

それでは一つずつ詳しく解説していきますね。

①普段はしない喧嘩で別れた場合

あなたと彼は、お付き合いをしていたときにどれくらいの頻度で喧嘩をしていたでしょうか?

付き合っている期間、ほとんど喧嘩をしたことがなかったという人はいませんか?

普段は全然喧嘩をしなかったのにも関わらず、たった1回の喧嘩でヒートアップしすぎて勢いで彼と別れてしまったというケースには、復縁の冷却期間は不要です。

なぜなら、あなたも彼もお互いを本気で嫌いになったわけではなく、ついついお互いのことについて言い過ぎてしまっただけだからです。

あなたが喧嘩をしてしまったことを後悔しているように、彼もあなたと喧嘩して言い過ぎてしまったことを後悔しているかもしれません。

冷却期間を取る前に、喧嘩の原因についてあなたからまず謝りを入れてください。

  • あなたが言い過ぎてしまった場合、言い過ぎたことを謝る
  • お互いが言い過ぎてしまった場合、言い過ぎたことを謝る

ここで1つ注意してほしいことがあります。

それは、「彼が言い過ぎてしまった場合、まだ彼が怒っている可能性がある」ということです。

彼がまだ怒っている場合には、彼の感情が落ち着くまでの冷却期間が必要になります。

あの時は私は私もごめんね…まだ怒ってる?

と、軽めの連絡を入れ、

  • まだ怒っていると返信が来る
  • 返信が来ない

の場合には、まだ彼は喧嘩別れのことを消化しきれていませんので、しっかりと復縁の冷却期間を取り、あなた自身に磨きをかけていきましょう。

注意
彼がまだ怒っている場合は冷却期間を取りましょう!

②喧嘩もなく円満に別れた場合

先ほどの①普段はしない喧嘩で別れた場合とは逆に、一切喧嘩もなく円満に別れた場合にも復縁の冷却期間はいりません。

例えばこんな感じで別れた場合ですね。

これからのお互いの将来のことを考えれば別れた方がいいね。

あなた

そうだね。〇〇くん、今まで本当にありがとう。

このようにあなたと彼が納得して別れたのであれば、少なくとも彼はあなたに嫌悪の想いは抱いていないことになります。

このようなケースの場合、別れたあとも友人のように連絡を取り合っている場合があるので、決して彼との連絡を絶つことなく、引き続き連絡を取り合うようにしましょう。

ただし、円満とはいえ、少なくとも別れるに至った別れの原因というものが絶対にあるはずです。

その原因が無くなるもしくは少しでも緩和されないと、彼との復縁自体が進まなくなってしまいます。

彼との連絡は引き続き取り続けてOKですが、別れた原因をどうやって克服していくかをしっかりと考えていく必要があります。

注意
円満に別れたといっても、別れの原因が必ずあるはず!
一度しっかりと見直しておきましょう。

③彼から連絡がきた場合

復縁の冷却期間というのは、彼との連絡を絶つことが大切とよく言われています。

そんな中、せっかく復縁の冷却期間を取ろうと思った矢先、彼から急に連絡が来てどうしていいか分からないという相談者の方がいらっしゃいました。

彼から連絡が来た場合には、彼との連絡を絶つような復縁の冷却期間は必要ありません。

ある意味、復縁の冷却期間は、彼から連絡が来るようになるためにやるものですからね。

そのため、彼から連絡が来た場合には、返信を心がけて長期間連絡が途切れることがないように連絡をし合ってください。

ただし、ここでも注意点があって、彼からの連絡がうれしすぎて、ガツガツと返信を送り続けてしまわないようにしてください。

彼からLINEやメールが来るのであれば、一言二言彼とやり取りをして終わらせてしまうことが大切です。

もちろん、彼の方から質問形式などで連絡がものすごく来るのであれば、それに合わせるように返信をしてOKです。

あくまでも彼のペースで返信をし続け、彼との仲を修復していきましょう。

注意
彼からの連絡に舞い上がり過ぎて、返信をしすぎないようにしましょう。

④自分から彼を振った場合

あなたから彼を振ってしまった場合も、冷却期間はいらないですね。

というよりも、<strong>あなたが彼を振ってしまったのであれば、一刻も早く彼に連絡を入れる必要があります。

あなた

あのときあんなことを言ってしまったけれど…あなたと別れたこと本当に後悔しています。本当にごめんなさい。

このように、誠心誠意、彼に謝ることが大切になります。

例え、彼の行いのせいであなたが別れを告げたとしても、少なからず彼もあなたに言われたことで傷ついている可能性が非常に高いです。

彼の心を傷つけてしまったことを、心から謝りましょう。

特に一方的にあなたから彼を振ってしまった場合には、彼はまだあなたに未練があることが充分考えられますので、彼が未練を断ち切ってしまう前に彼に連絡を入れる必要があります。

⑤彼が彼女とうまくいっていない場合

彼に新しい彼女が出来てしまい別れたというつらい経験をした後、彼と新しい彼女がうまくいっていないと知った場合にも、冷却期間はいりません。

外から見たら仲良しに見えるカップルも、実際全てが順風満帆なことはありません。

多かれ少なかれ、お互い何かの不満を抱えているものです。

彼と新しい彼女がうまくいっていないと知った場合には、探りを入れるような連絡をしてみるといいでしょう。

あなた

最近彼女と楽しくやってる?私も結構楽しく過ごしてるよ!

あくまでも彼への未練は見せず、ポジティブな印象を与えるような連絡というのが重要です。

彼から返信が来るのであれば、少しつらいかもしれませんが彼と新しい彼女との恋愛相談を受ける立場になるのが理想です。

少なくとも、あなたが彼の彼女に戻りたいと願うのであれば、新しい彼女とは別れさせないといけませんよね。

そのため、今彼がどのようなことで新しい彼女について悩んでいるのかの情報を仕入れられるというのは、最大の復縁の近道といえるのです。

基本的に冷却期間は置くこと

ウラ子

いろいろと復縁の冷却期間がいらないケースっていうのもあるんですね。

女神

そうですね。
でも、基本的に復縁するためには冷却期間がやっぱり必要なんですよ。

復縁を願う人のほとんどが、何らかの原因で彼から別れを告げられてしまったという人です。

その何らかの原因というのは、彼があなたに対しての何らかの不満であることが多いです。

そのため、別れの原因を解決できなければ、彼があなたに再度振り向いてくれる可能性はどうしても低くなります。

そのため、復縁の冷却期間で彼があなたに対して持った不満が何かを明確にし、それを彼のために、そしてあなたのために改善していく必要があります。

私が考える復縁の冷却期間とは、下記のようになります。

復縁の冷却期間とは?
彼との連絡を絶ち、気持ちを落ち着けて自分自身そして彼のことを冷静に考えられるようにする期間。

復縁の冷却期間についてよく勘違いされている方もいらっしゃるんですよね。

相談者

復縁の冷却期間って、彼と連絡を絶てばOKなんですよね。

復縁の冷却期間というのは、ただやみくもに時間さえあければいいという訳ではありません。

あなた自身、振られてしまったショックから立ち直り、冷静に、今後どういう行動ととれば再度彼に振り向いてもらえるのかを真剣に考えていく大切な期間になります。

復縁の冷却期間を取ることを嫌がる人もいますが、あなたが変わらない限り、彼はあなたのことを振り続けるでしょう。

あなたが変えられるのは、あなた自身だけなのですから。

復縁の冷却期間がいらないQ&A

ウラ子

女神様!相談者の方々から「こんな場合は復縁の冷却期間っていらないのでは?」といろいろ質問がきていますよ!

女神

あぁ、本当ですね。
少し答えていきましょうか!

復縁の冷却期間なんて取らないで、私や彼の気持ちが冷めないうちに復縁した方がよいのでは?

二人とも別れたことに後悔しているのであれば冷却期間はいりません。

しかし、お二人が別れてしまったということは、別れてしまった原因というものが存在するはずです。

これをどうにかしない限り、あなたと彼が今後もうまくやっていける可能性ってとても低いんですよね。

また、冷却期間を取ることで、もしかしたらあなたの彼への未練も断ち切れる可能性もあります。

あなたの最適なパートナーは、彼以外に存在するかもしれません。

そういう意味でも、復縁の冷却期間というのは決して無駄にはならないんですよ。

女神

復縁しないで済むのであれば、それに越したことはありませんからね。

私と別れて彼が寂しいと思っているうちに復縁した方がよいのでは?

実際に、彼があなたがいなくて寂しいと発言しているのであれば、冷却期間を取らずに復縁を進めていきましょう。

しかし、あなたが彼に振られてしまった場合、彼が本当に寂しいと思っているかは彼にしかわかりません。

あなたが勝手に、私と別れてしまって彼は寂しいに違いない…と思い込んでいませんか?

例えば、彼の本心は下記のようかもしれません。

  • あなたの束縛が厳しかった場合、彼はあなたから解放されて自由を満喫しているかもしれない
  • あなたにメールの返事を常に催促されていた場合、あなたからの執拗な催促から解放されてホッとしているかもしれない

彼の想いを勝手にこうだ!と思い込まず、本当は彼自身どういう心境でいるのかどうかを、冷静に考えていく必要があります。

女神

彼は本当にあなたと別れて寂しいと思っているのでしょうか?
冷静に、一度しっかり考えてみましょう。

彼に好きな人が出来る前に復縁した方がいいのでは?

彼に好きな人が出来ても復縁は可能です。

恋愛での別れを経験した後の行動として、2つのパターンが考えられます。

  1. 次の新しい恋を探す!と恋愛モードになる
  2. しばらく恋やいいや…と恋愛モードから離れる

この2つのパターンでちょっとやっかいなのが、2つめのしばらく恋はいいやと恋愛モードから離れることです。

彼が恋愛をしばらくしたくないと思ってしまうと、別れてしまったあなたともしばらくは恋愛をしたくないということになり、復縁への時間は長期戦になります。

一方、彼が次の新しい恋を探す!と恋愛モード全開になってくれるのであれば、彼は恋愛をする気でいるので、あなたとの復縁の可能性も充分出てくるのです。

あなたと復縁する前に新しい彼女が出来てしまう可能性ももちろんあります。

でも、あなたも知っているように、恋愛っていいときもあれば、うまくいかないときもありますよね。

彼と新しい彼女がうまくいかないときを利用して、あなたの魅力を彼に改めて知ってもらえばいいのです。

女神

恋愛モードでいてもらえて助かる!くらいに思っていてもOKでしょう。

復縁に冷却期間がいらないこともあるまとめ

以上、復縁に冷却期間がいらないこともあるについて、詳しく解説してきました。

復縁に冷却期間がいらないケースは、下記の5つのケースでしたね。

  1. 普段はしない喧嘩で別れた場合
  2. 喧嘩もなく円満に別れた場合
  3. 彼から連絡がきた場合
  4. 自分から彼を振った場合
  5. 彼が彼女とうまくいっていない場合

少なくとも、友人として彼と連絡が取りあえるのであれば、わざわざ彼との連絡を絶つ必要はありません。

彼のぺースに合わせて、返信をするように心がけましょう。

ただし、上記5つのケース以外の状態であれば、ほとんどの場合で復縁の冷却期間が必要になります。

復縁の冷却期間とは?
彼との連絡を絶ち、気持ちを落ち着けて自分自身そして彼のことを冷静に考えられるようにする期間。

あなたは彼のことが好きで好きで仕方ないけれど、彼は現在そうでもないかもしれない。

そんな中で、あなたの彼への好きな重い気持ちを彼に投げ続けても、復縁は絶対に叶いません。

冷静に彼の気持ちを考えられるようになるために、復縁の冷却期間は必要になるということを決して忘れないでくださいね。

客観的に彼の気持ちを考えるのに使える占い師